• PROFILE

    作家 × 職人

    工房KodamaのLifa

    Lifa  (通称リファ、Ohad Sheinwald)

    鉄工 × 木工 × 鍛鉄

    リファはイスラエルで兵役を終え友人と旅行したインドのヒマラヤ山脈を見渡せる北部に9か月滞在し、まだ車両道路も携帯電話もないシンプルで自然と繋がった暮らしの中に、本当の豊かさを体験する。

     

    その体験が自然と調和した暮らしとモノづくりの中心となり、鉄をコアとしながら木にインスピレーションを受け、ディテールにこだわり、デザインや素材選びから、制作、仕上げまでリファが一貫して行います。

     

    イスラエルのハイファ出身で、ポーランドでホロコーストを生き抜きイスラエルへ移民した両祖父母を持ち、美術講師で学芸員、現在はアートキュレーターの母と、金属製作工場を経営し金属加工職人の父の元に生まれ、アートや芸術と機械や工具に囲まれた環境で、物心付く前から父の工場で遊び鉄とともに育つ。

     

    小学生の時木工教室に通い木の美しさや多様性を発見し、高校を中退した17歳で鉄と木を組み合わせたベッドを制作後、鉄と木を中心とした様々な材質を組みわせた制作を重ね自分のスタイルを確立。難しい課題をどう解決するか、技術的ソリューションを見つけることが大好き。

     

    父の仕事に計10年以上従事し金属製作の技術と経験を得た後、イスラエルで建築とインテリアデザインを学び、二級建築士を取得。在学中からイスラエルを離れるまで5年ドラフトスケッチの講師も大学で務めたが、自分の手で作り出すことへの情熱と喜びに集中しモノ作りに従事します。

    2007年インドの北部を旅行中に出会った妻アキコとイスラエルに6年住み息子が産まれた後、インド滞在後日本に移住。2015年工房Kodamaをオープンしました。

    アキコ(田邊 亜希子)

    コミュニケーションとマネージメント担当

    アキコは神奈川県小田原市出身。若い頃自転車で日本中を旅したものづくり好きだった歯科技工士の今は亡き父と、学生の頃にはガールスカウトに入り外資系企業に就職し、結婚後は3人の子供をほぼ一人で育て上げ、退職後は世界中を旅し65才からスキー教室に通い現在も国内中を旅する母の元に生まれました。

     

    明治大学短期大学卒業後、営業・マーケティングサポートを経験後オーストラリア滞在、東南アジアを旅し、その後も働いては中央アメリカ旅行、カナダ滞在、東ヨーロッパを旅行。3年以上勤めた外資企業のマーケティングのしごとを辞めて旅に出たインドの北部で2007年YOGAとパートナーのリファと出会います。

     

    イスラエルに渡った後、鬱になったのを救ったのはリファとYOGA。イスラエル企業で日本との仲介役として3年以上働き、後オンラインでの仕事に移行。2014年息子の出産をきっかけにYOGAインストラクターになることを決意し6年以上過ごしたイスラエルを離れ、半年のインド滞在でさらにヨガを学び資格取得後、自然とつながった暮らしを求め日本に移住。

     

    2015年スタートした工房Kodamaのマネージメントに加え、在宅オンラインで仕事を再開。妊娠、出産を通じて産前産後のYogaオンラインコースを修了。2020年工房Kodamaエクスペリエンスをスタート。現在3人の子供の母。

  • 工房KodamaのLifa

    恩田俊一郎(Onda Shunichiro)

    マーケティングプロデューサー

    2021年5月よりマーケティングプロデューサー(地域おこし協力隊)として加入。

     

    Kodamaの一員となる前は東京・神奈川にてフリーランスのライター・マーケターとして活動していたが、「自分が本当に価値があると思うものを世の中に広め、価値を証明したい」という思いから活動の拠点を西粟倉村に移し、工房Kodamaと出会う。

     

    自分が本当に価値があると思うもの。それは「自然」であった。それが腑に落ちる転機となったのは、神奈川県某所の里山保全のボランティアに参加したこと。そこでは自然を守るためのボランティアとして、老若男女が汗をかきながら畑を耕し、里山を里山として後世に残す活動をしていた。

     

    その場所では人と人のコミュニケーションも、文字どおり"自然"に発生する。だから知らない人同士でもすぐに仲良くなる。何回か通っているうちに何でも助け合える仲になる。お互いがお互いを認識し、助け合い、存在を認め合い、自然を愛でる。

     

    間違いなく市民にとってなくてはならない場所だった。しかし、ある人が言った。

    「今の長がいなくなったらいつかこの里山も無くなってしまうかもしれない」どうしてそのような危惧が生まれるのか、自分なりに考え出した末「経済的な価値を証明できなければこの先里山(自然)を守れなくなる」という仮説だった。

     

    自然と共に生きて、自然を守るために経済的価値として証明する。新しい信念が生まれた瞬間だった。そんな信念を実現できる場所、それが西粟倉村であり工房Kodamaだった。

すべての投稿
×
×
事業者名:工房Kodama

代表者名:シェインワルド フォイヤ オハッド

所在地:岡山県英田郡西粟倉村大茅1600

連絡先:0868−75−4570

販売価格について:各作品詳細ページに記載された金額(税込)  

送料について:ご購入手続き後3日以内に、メールで送料および合計金額をご連絡します。

代金の支払方法:銀行振込

代金の支払時期:作品の購入完了後に、指定の口座へご入金下さい 。

商品等の引き渡し時期:お支払い確認後、2週間を期限に発送致します。

返品の可否と条件:注文商品が違う、不良品、配送時の破損・傷等を除き、お客様都合による交換及び返品は受付致しません。 あらかじめご了承くださいませ。