• IRON & WooD 工房Kodama

    鉄と木を使った家具や什器・雑貨を制作するインテリアブランド。

    工房KodamaのLifa

    家具にとどまらず、アイアン製の店舗看板や公共施設の什器など、さまざまな分野のオーダーを手掛けてきた工房Kodama。

    イスラエル出身の職人リファが、オリジナル家具をはじめ、多様なカスタムオーダーから既存にはないアイデアの具現化まで幅広く対応し、自然美をモチーフにした遊び心のあるプロダクトを制作。


    現在は、岡山県西粟倉村の築120年以上の古民家に工房と住居を構え、日本の自然にインスピレーションを得ながら、日々鉄と木が持つ可能性を追求している。

  •  

    工房KodamaのLifa

    Lifa  (通称リファ)

    鉄工 × 木工 × 鍛鉄
    ポーランドでホロコーストを生き抜きイスラエルへ移民した両祖父母を持ち、美術講師/学芸員で現在はアートキュレーターの母と、鉄工所を経営する金属加工職人の父の元に生まれる。
     
    母と美術館やワークショップに行ったりアートの世界に触れ芸術の要素を学ぶ一方、物心付く前から父の鉄工場で遊び鉄とともに育ち、また工場の周囲には家具製作、車・バイク修理、ボートを造るいった個人経営の小さな工場が集まっていて、よく遊びに行き仕事を眺め教わり技術を身につけた。

    このようなアートと機械や工具に囲まれた環境で育ち、素材や構造、作る意識をもって常に世の中を見てきたリファには作るということは自然なコトであり、天命と信じています。難しい課題をどう解決するか、技術的ソリューションを見つけることが大好き。

    小学生の時に通った木工教室で木の美しさや多様性を発見し、高校を中退した17歳で鉄と木を組み合わせたベッドを制作後、鉄と木を中心とした様々な材質を組みわせた制作を重ね自分のスタイルを確立。
     
    父の仕事に計10年以上従事し金属製作の技術と経験を得た後、イスラエルで建築とインテリアデザインを学び二級建築士を取得し、大学在学中からドラフトスケッチの講師を5年勤めたが、自分の手で作り出すことへの情熱と喜びに集中し、モノ作りに従事することを決意。
     
    イスラエルで兵役を終え友人と旅行したインドのヒマラヤ山脈を見渡せる北部に9か月滞在し、まだ車両道路も携帯電話もないシンプルで自然と繋がった暮らしの中に、本当の豊かさを体験し、その経験が生き方やモノ作りの軸となる。
     
    2007年インドを旅行中に出会った妻アキコとイスラエルに6年住み長男が産まれ、インド滞在後に自然と調和した暮らしを求め日本に移住し、2015年工房Kodamaをオープン。
  •  

    工房Kodama

    リファがディテールにこだわり、デザインや素材選びから、制作、仕上げまでリファが一貫して行っています。

     

    「Practical Decoration」を信条に、十分な強度や安定性を一番に、機能性を配慮し実用的でありながら、美しく自然と調和し、世代を超えて長く愛用されるようにと、手仕事ならではの質感にこだわり細部まで心を捧げ丁寧に作業をしています。

     

    有機的な形が特徴のオリジナル家具から、看板や家具などの店舗什器から生活雑貨、装飾、手すりや格子、エクステリアまでオーダーによる多様なオンリーワンを、アイデアからカタチにします。

    工房Kodama
    インドからイスラエル、そして西粟倉村へ

    「Inspiration」

    インドで出会いイスラエルで暮らし、上質な空気、水、そして食物をもたらす自然豊かな大地、“風・水・火・地・空”自然に近い暮らしを求め、日本を旅して森林に覆われた岡山県西粟倉村の大茅-その昔、良質な砂鉄が採れ”たたら場”があった場所-に、引き寄せられるように辿り着きました。

     

    築120年の古民家を再生し、草を刈り、畑を耕し、薪を割り、森を歩く、便利なものはないけれど、自然のリズムに合わせたシンプルな暮らし。
     
    山の木々の葉が擦れる音、川のせせらぎ、一日の終わりを告げる茜色の空。日々の季節の移り変わりを植物や虫、動物が教えてくれる。自然がそばにあるだけで心が満たされます。
     
    この自然の恵みと自然と共にある暮らしが制作のインスピレーションとなります。
     
    工房Kodama
    Kodamaの由来とロゴに込めた想い。

    工房名の「kodama」には2つの意味があります。ひとつは、木の魂と書いて”木魂”です。山や森に生きていた”木”の”魂”にセカンドライフの命を吹き込み、家庭に届けるという意味が込められています。

     

    さらに、自然と調和した家具を通して、豊かな時間が”こだま”していきますように。そんな願いを込めて、リファは工房を「kodama」と名付けました。

    工房Kodamaのロゴは、長く生き続けるようにという想いを込めて無限「∞」を形どり、右側のスパイラルは木の年輪を象徴します。森やFlow of life、そして私たちが丁寧に心を込めて森から送り出したことを思い出してもらえるように、一つ一つ作品に印をして送り出しています。

     

  • 工房PHOTOS

    工房や風景の写真

    ロートアイアン看板
    工房Kodamaの畑
    冬の鉄と木の工房
    鉄道レールを使った鍛鉄台
    工房Kodama
    古民家で見つけた古道具
    アイアン、鉄の工房
    工房
    木工エリア
    倉庫
    木のストック
    ロートアイアン取っ手の扉
    元牛小屋のギャラリー
    茅葺屋根と杉樽
    栗の木の古民家
    手作りガス
    アンビル
    古民家で見つけた古道具
    古民家で見つけた古道具
    取材を受けた家族写真
    パイプ
すべての投稿
×
×
規約と条件
事業者名:工房Kodama

代表者名:シェインワルド フォイヤ オハッド

所在地:岡山県英田郡西粟倉村大茅1600

連絡先:0868−75−4570

販売価格について:各作品詳細ページに記載された金額(税込)  

返品の可否と条件:注文商品が違う、不良品、配送時の破損・傷等を除き、お客様都合による交換及び返品は受付致しません。 あらかじめご了承くださいませ。