【芸術家のリファと職人のリファ】

· 制作

リファは制作時に設計図を書きません。

(ラフは描きますが)

特に鉄を扱うときは、

自分の手が動くままに身を任せ

鉄が動きたい方向に逆らわず、

このデザインどう考えたの?

と聞いても

「I don’t know」

なんてことも。

ただ、設計図がないながらも、

リファは耐久性・機能性を持たせることに妥協しません。

いかに安全な家具をより正確に作れるか考え、

自ら治具(ジグ/金属加工時に必要な装置)を作り、

アーティスティックな見た目は維持しつつ、理想的な構造にするには鉄をどう加工すべきか

日々追求しています。

アーティストのリファ

職人のリファ

工房Kodamaの作品には

どちらのリファも欠かせません。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK