栃のコーナーテーブル

多くの方が「一体何に使えばいいのやら」と諦めの言葉を漏らしてきたであろう栃の木の切れ端。

リファが初めてこの木材に出会ったとき、表面には荒く削られた後が残り、光沢もなく、まるでその場に取り残されているように見えたそうです。

しかしリファは、あえてその栃の木を家に連れて帰りました。

「きっとこの栃の木は人間がしっかりと加工することで、表面には見えない魅力が現れるはず」そう信じ、表面を磨き続けました。

そしてあくる日、その使い道のなさそうな栃の木は、見事な光沢を見せ始めます。

見る角度、置く場所によって異なる光沢を見せ、波を打っているかのようなライブエッジ(木の端の部分)はこの木が生きてきた力強さをも感じさせます。

そしてその独特な形状からリファは、コーナーテーブルとしての役目を与えることにしました。

そんな天板を支える鉄脚は、根っこのように地に根ざしているかのようなデザインに仕上げました。

「この栃の木は、土に根を生やし力強く天に向かって伸びていた」「そして人間も大地に根ざし、自然と共に生きていくのが幸せなのではないか」そんなことを表現したかったとリファは言います。

コーナーテーブルは日本では馴染みのない家具かもしれませんが、リビングの隅におけば住人をいち早く迎えてくれる家具となります。

花を置いたり、本を置いたりと家の装飾に使用してみてはいかがでしょうか。
購入する
購入する
すべての投稿
×
×
事業者名:工房Kodama

代表者名:シェインワルド フォイヤ オハッド

所在地:岡山県英田郡西粟倉村大茅1600

連絡先:0868−75−4570

販売価格について:各作品詳細ページに記載された金額(税込)  

送料について:ご購入手続き後3日以内に、メールで送料および合計金額をご連絡します。

代金の支払方法:銀行振込

代金の支払時期:作品の購入完了後に、指定の口座へご入金下さい 。

商品等の引き渡し時期:お支払い確認後、2週間を期限に発送致します。

返品の可否と条件:注文商品が違う、不良品、配送時の破損・傷等を除き、お客様都合による交換及び返品は受付致しません。 あらかじめご了承くださいませ。